毛が薄すぎる人にはイマイチの効果ですね

毛が濃いという人もコンプレックスに感じているかもしれませんが、そんな人たちは脱毛エステサロンを気軽に受けることができるでしょう。

それは、脱毛というものは濃い人の毛にこそふさわしいものだからです。

逆に他よりも毛が薄いという人は脱毛エステにかかろうとするとお断りをされてしまう場合もあります。

薄い毛にはあまり効果が見られない、効果が発揮されにくくなってしまうという理由からです。

それを聞くと薄い毛の人はどうすればムダ毛処理をすることができるのでしょうか。

今、脱毛エステに足を運ばなくても気軽に脱毛処理をすることができます。

それも毛が薄い人でも可能なものです。

家庭用に販売されている脱毛器を使用すれば良いのです。

家庭用の脱毛器も薄い毛にはあまり効果が見られないのでは?と思われるかもしれませんが決してそんなことはありません。

どんな毛のタイプの人でも脱毛処理はできます。

特に脱毛器ケノンを使用していけば分かることになりますが、ケノンには脱毛効果のレベルが1~10まで分かれているので毛のタイプや肌の調子に合わせてレベルを変えて使用ができます。

毛の濃い人であればレベルが高いものでも脱毛効果が得られますし、例え薄い毛の人でも低いレベルでも充分に脱毛効果が得られます。

口コミを覗いてみるとわざわざエステに通ったものの毛が薄いことを指摘されて脱毛処理を受けることができなかったという声も聞かれています。

そんな人たちが脱毛するためには家庭用の脱毛器を使うしか方法はありません。

体の部位によっては毛の濃さも違ってくるでしょうし、太さも異なるものです。

毛が濃い部分には脱毛効果レベルを強くすることで確実に脱毛効果を得られます。

脱毛器ケノンについて、悪い評価や口コミを聞くことはありません。

それだけケノンの脱毛効果が優れている、まるで脱毛エステサロン並みであると言えます。

ただ、脱毛効果が強いということは肌を傷つける恐れがあるのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、安心してください。

フラッシュの連続ショット設定というものは自分で設定して合わせられます。

一気に広範囲を一度で済ませたいと考えている人であれば一回のショットで済ませてみても良いでしょう。

ただし、一回のショット設定にするとそれだけちょっと肌に感じる熱の具合が強くなります。

火傷するほどの熱さではないものの他のレベルで当ててみるよりも暖かさを感じるようになります。

ショット設定は、3回・6回と他にも設定できます。

もちろんショットの回数が増えれば増えるほどに肌に感じる熱さというものは和らいでいきますからあまり肌が強くはないと自分でも実感している人であれば弱めのレベルである6回から設定をはじめてみると良いでしょう。

特に肌に異常を感じることがなく、皮膚が荒れてしまったり異常なまでに赤らんでしまうことがなければ少しずつレベルを上げて脱毛効果を高めていきましょう。

体の部位によってはデリケートな部分もあります。

ここは少し弱いレベルで脱毛してみよう…と思えば自分ですぐに切り替えられるのもケノンの自由が効くというメリットです。

脱毛効果のレベルもショット設定とは別にあります。

レベル1が一番弱く、特に肌に違和感を抱くこともなくおこなえます。

レベルが上がっていき、5ぐらいになればさすがに僅かにチクッとした痛みのようなものはあるかもしれませんが一瞬で終わる違和感になるので特に支障はありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ